03-3985-3350
直営店のお知らせ

平和を考える

この8月。いま、改めて考えたい、戦争のこと。平和について。
なぜ争いはおこるのか、なぜ争いはやまないのか…?

ユリ・シュルヴィッツの自伝絵本、
イラク侵攻から図書館の本を守った話、
アンネ・フランクの伝記絵本、
2016年春、イギリスで起きた難民問題を元に作られた話

レオ・レオニ作 『The Alphabet Tree あいうえおの き』 や 
デビッド・マッキー作 『The Conquerors せかいでいちばんつよい国』 などの創作絵本、
『戦火のなかの子どもたち』(岩崎ちひろ) や 
『この本をかくして』(マーガレット・ワイルド) など、 日本語の絵本もあります。

H・A・レイ、ジュディス・カー、マリー・ホール・エッツ、エドワード・ゴーリー、
レイモンド・ブリッグス、トミー・ウンゲラー、ロアルド・ダールなど、
戦禍を生き延びた作家たちの作品も集めました。

彼ら・彼女らがいなければ、おさるのジョージ にも さむがりやのサンタ にも、
おちゃのじかんにきたとら にも、私たちは出会うことが出来ませんでした。

戦争は過去のものでも、遠い国の問題でもありません。
これらの作品に触れられる喜びをかみしめ、大人と子どもでじっくり考えてみませんか。